スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万歳緑毛亀

また台風今、風がゴーゴーと音を立てて我が家を揺さぶっています。ニュースでは各地大変な被害ですが、ありがたいことに小野田近辺は大した被害もなく助かっています。特別に佳いことは望みません。只々平穏を祈ります。

   「万 歳 緑 毛 亀」      ばんざい りょくもう の かめ                                    
              
             (解 釈)                                                    

                 緑毛の亀とは、年老いて甲羅に緑色の苔が糸状に生えた亀のこと。
                 その緑毛の中には金色の線が混じっているとされる。     

                 そのため、時には金色の亀に見えることもあり、
                 このような亀は、金亀と称される。亀はもともと長寿の象徴であり
                 中国では龍・鳳凰・麒麟とならんで四霊の一つに数えられるが
                 緑毛の亀は特に珍しく、瑞祥の最たるもの。
                 慶事の中でも、とりわけ長寿を祝う席に相応しい一句です。


                 年賀状を書く時期も近く、ご長寿の方にこの一句を書き添えてあげると
                 喜ばれるのではないでしょうか。
                 
                                



                            yjimage[1]
スポンサーサイト

喫茶去

何だか急に秋色になりました。
また台風が襲いかかろうとしていますね。我が家は大変に古い家なので恐怖です
 
8月からパソコンを習い始めた主人~本当に熱心に勉強しています。最近では疑問に思った時は
私に聞かず、娘に尋ねるようになり、もう私はお払い箱。「お前に聞いてたまるか!」状態です。
事実聞かれてもわからないことの方が多くなりましたねザンネン

     「喫  茶  去」    きっさこ

           (解釈)
              お茶を召し上がれ の意味
              もとは「目を覚まして出直して来い」という語気を持つが
              日本では「まあ、お茶でもどうぞ」「そう肩肘を張りなさるな」という意味で
              用いられ「しばらく座して茶を喫せよ」とほぼ同義ともされる。                                
              お茶の先生がおっしゃるには、気軽に「まあまあお茶を飲みにいらっしゃいよ」
              と気軽に声をかければ、誰とでもわだかまりなく、きもちよく付き合えるものだと
              教えて下さいますが、人を呼ぶためには、先ず部屋をきれいにしておかないと
              いけません~先生曰く・・・一部屋でいいから、いつ誰が入っても良いように
              しておきなさい・・・他の部屋は汚くて良いのよ

yjimage[1]
yjimage[3]

無事是貴人

これは私の好きな禅語のひとつです。
初めて出会った時、無事であることは貴重な物なのだと、読んで字のごとくに解釈しました。

毎日の生活の中で波風立たず、唯、平穏無事に過ごせる有難さ~それは今の私の年齢だから
感謝出来るのかもしれません。(若いころは欲もあり理想もありました。腹だたしい事も沢山ありました。)
解釈に移った方がよく解るかも知れません。

  「無 事 是 貴 人」       ぶじ これ きじん

       (解 釈)
          無事である人こそが貴人であるの意
          無事とは、無造作であること、平常の意であること。
          迷いはおろか、悟りにも留まらず、ありのままであること。
          本来の自己に立ち返った安らぎ、何の計らいもない自然法爾に徹する人を
          最高の人とする。 062611s[1]

          
          無事是好日・・・何事もない一日はめでたい日。



          

瑞 日 祥 雲

我が家の客間は二階にあり、40歳になる息子の端午の節句のお客事をして以来
開かずの間である。現在は何事もリビングで済ませ、物事を簡略化している。
そのせい、床の掛け軸も季節感を問わない物にし、掛け替えの手間を省くズルをしている。
世の中も段々に季節感がなくなりつつあり・・・せめて家の中だけでも四季を感じなければ
と思うのだが、やはり面倒なことは敬遠してしまう。

  「瑞 日 祥 雲」   ずいにちしょううん


     ( 解説 )
        「瑞日」は吉日のこと。  「瑞日祥雲、和風甘雨」の語がある。
        「和風」は穏やかな春風。
        「甘雨」は干天の慈雨。
        めでたさを種々の自然の恵みにたとえる。

     我が家にも波風が立たず、穏やかな毎日が訪れるように祈り、この軸をかけている。

禅語

特別に茶道が好きだという訳ではないが、通算して20年近く関わっている。
歳を重ねて感動も変わってきた。
若かりし頃は 床の掛け軸の字さえ読めなかったが、今はとても興味がある。
特に「禅語」の軸は興味深い。

今回は
  「日日是好日」   にちにち これ こうにち

    晴れの日も雨の日も、楽しい日も辛い日も、その一日一日が最上最高
かけがえのない日 の意味
   ( 解説 )
      過去を悔まず、未来に望みを託さず、主体的に今日のみを生きる安心立命の境涯。
      人生にはもとよりさまざまな苦しみや喜びが伴うが、笑う時には笑い、泣く時には泣き、
怒る時には怒ってしかもこれに一点の執著も留めなければ境遇や環境に翻弄されることはない。
      吉日も凶日も人が作りだしたものに他ならばい。


      このような禅語を読んで心の糧にしている。


  このような禅語の内容がとても新鮮
こんにちは
プロフィール

maho333

Author:maho333
退職後パソコンを習い始めて3年です。ちっとも上達しませんが、わからないなりにもエクセルが好きで、第2の人生にこれを生かした簡単なお仕事をしてみたいな!と頑張っています。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。